日本のプログラミングスクールの料金は適性と言え、満足度も高いです。

スクールは料金の高さがネック

決して安くはないプログラミングスクールの受講料

プログラミングのスクールは料金の高さがネックです。
月謝1~2万円や、総額10万円程度あれば十分だと考えていて、想像以上に高額な受講料に驚く方が多いので注意しましょう。

 

プログラミングスクールの受講料はスクールやカリキュラムの内容に変わってきますが、総額50~100万円が相場です。

 

スクール受講料の一例

DMM WEBCAMP

  • 料金:628,000円
  • 内容:3ヶ月学習+3ヶ月キャリアサポートの合計6ヶ月

 

TECH::CAMP

  • 料金:入会金14,800円+月額14,800円
  • 内容:オンライン学習、全国6カ所の教室学習

 

TECH::EXPERT

  • 料金:598,000円
  • 内容:短期集中10週間or夜間半年

 

侍エンジニア塾

  • 料金:16.8~98万円
  • 内容:幅広いコースを用意

 

上記はあくまでも一例ですが、プログラミングスキルを確実に身に付けて、なおかつ転職サポートまでしっかり面倒をみてもらいたい場合は50万円以上の予算を持っておくことをおすすめします。

 

月額9,800円~などと広告を出しているスクールもありますが、数年にわたる分割払いを利用した際の料金になっていることがあるので注意しましょう。

 

日本のスクールは安い?

日本よりも受講料が高額な海外のプログラミングスクール

 

相場を知らない人から見ると料金の高さに驚いて、ボッタクリなんじゃないかと疑う方がいます。
しかし、50~100万円の相場は適正で、海外ではもっと高い料金設定になっていることが多いです。

 

日本はプログラミングスクールの料金が100万円を超えることが滅多にありませんが、海外では3ヶ月程度のプログラミングスクールで100万円を超えるケースも珍しくありません。

 

プログラミングスクールは、プロフェッショナルな講師の人件費のほかに、教材作成やオンラインサポート、就職サポートなどの運営コストがかかります。
会社員でも働きながら数ヶ月で習得できるコースが多いですが、内容は専門学校へ通うのに近いボリュームです。

 

習い事ではなく学校へ行くイメージを持てば、数万円程度では済まないことを理解しやすくなります。

 

 

現役プログラマーが通う事例も

プログラミングスクールは50~100万円の受講料がかかってもコスパが良いです。

 

難しいプログラミング言語のコースになると現役のプログラマーが新たな言語を習得する目的で通うケースが多く、プロのプログラマーでも独学より時間や質の面でスクールに通った方がメリットが大きいと判断しています。

 

独学で学べば数千円から数万円で済みますが、実務レベルで役立つスキルを効率良く学べることを考えれば、料金に見合う価値がありますよ。
スクールは就職サポートを行っているケースが多く、スクールで新たなスキルを身に付けることで年収アップを狙えるため、スクール費用は簡単に回収できます。

TOPへ