プログラミングの独学では、スクールで身につけにくい自走力を育めます。

プログラミングスクール or 独学?

プログラミングスクールか独学かで悩む男性

 

「プログラマーに転職したい!」

 

そう決意した時にまず悩むのが、独学でスキルを身につけるのか、それとも、プログラミングスクールに通って学ぶのか、という点かと思います。

 

 

スクールは高額だけど独学だと挫折する?

近年はプログラミング学習の需要が急速に高まっており、スクールの市場も拡大を続けています。
「プログラミングスクール」と検索したら、膨大な数のスクールが見つかるため、どのスクールを選べばよいのかわかりませんよね。

 

また、プログラミングスクールの料金はかなり高額だというイメージもあります。
そんなこともあり、「できればスクールに通いたいけど、そんな高いお金を払えないから独学で頑張るしかない」とプログラミング学習を独学で始める人も多いでしょう。

 

プログラミングの独学に挫折した人のPC

 

しかし、プログラミング独学の挫折率はなんと90%を超えるとも言われているのです。
実はプログラミング学習には技術的な壁、精神的な壁の両方があり、独学を継続させるのはそんなに簡単ではありません

 

当サイトでは、プログラマーを目指してプログラミング学習を始めるにあたり、スクールに入学して頑張るべきか、独学でスキルを身に着けて転職を成功させるべきかを、様々な角度から検証してみたいと思います。

 

 

スクールと独学、どちらも良いところあり!

スクールで学習するにしても、独学で頑張るにしても、それぞれ良いところがあります。
ここでは両者のメリットを見ていきしょう。

 

スクールで学習するメリット

スクールでプログラミングを学んでいる女性

 

プログラミングスクールには「高額な受講料」という大きなデメリットがあるものの、そのお金に見合うメリットがたくさんあるのも事実です。

 

ここでは3つのメリットを簡単にご紹介します。

 

効率的に学べる

スクールでは、卒業・転職までの学習計画やカリキュラムがあらかじめ用意されています。
これらはスクール運営の実績に基づいて考案されているものなので、卒業まで身を預けながら安心して学習することができるでしょう。

 

転職のサポートあり

転職のサポートに力を入れているスクールであれば、学習後のスムーズな転職が可能となります。

 

プログラマーの転職では、自身のスキルや実績をアピールするための「ポートフォリオ」を作成する必要があり、スクールではポートフォリオ作成の支援を受けることができます。
また、面接の練習や企業への推薦といった支援も受けられる場合がありますので、転職を考える上でスクールには十分な魅力があると言ってよいでしょう。

 

モチベーションの維持が可能

スクールに入学すれば、「プログラマーに転職する」という同じ目標を持つ仲間とともに日々学習することができます。

 

また、不明な点や学習の悩みを講師に質問・相談できるため、プログラミング学習によく見られる「挫折」に陥りにくいと言えるでしょう。

 

 

独学のメリット

プログラミングを独学している女性

 

では、プログラミングをあえて独学する場合のメリットを考えてみましょう。
こちらも3つに絞ってご紹介します。

 

お金が掛からない

プログラミング学習を独学で進めていく場合、オンライン学習サービスや書籍を利用していくことになります。

 

有料サービスの月額料金や書籍の購入代金程度しかお金を支払う場面はありませんので、圧倒的に安く学習することができるでしょう。

 

人によっては独学がより効率的

スクールであれば基本的にカリキュラムに沿って学習が進んでいくため、理解がはやい人、要領のいい人にとってはスクールにいる時間がもったいないと感じるかもしれません。

 

高校時代の受験勉強や就職後の資格勉強など、独学で勉強してきた経験のある人は、独学の方が多くのスキルを効率的に身につけられるかもしれません。

 

自走力が身につく

プログラマーには「自走力」が最も大切であると言われることがあります。
自走力とは、プログラミング中にエラーが出た際に、自分で論理的に考えて解決策をひねり出したり、ネットで調べて解決策を見つけたりする力のことです。

 

独学することでプログラミングにおける自走力が身につきやすく、転職の際にも「自走力のある人」と認められやすいでしょう。

 

 

あなたに合うのはどっち?

以上、スクールでの学習と独学、それぞれのメリットを見ていきました。
両者の良い点を理解した上で、ご自身に合いそうな学習方法を選ぶと良いでしょう。

 

プログラミング学習を充実させ、プログラマーへの転職を成功させるためにも、十分に検討してから、学習に本腰を入れていきましょう。

 

TOPへ